フレイル予防の取り組み

フレイルとは

フレイル予防の取り組み

フレイルという言葉をご存知ですか?

フレイルとは、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなるなど、年齢を重ねたことで脆弱性が増加した状態のことをいいます。
フレイルは身体的問題だけでなく、精神・心理的問題、社会的問題を含め、包括的に広くとらえた概念です。

透析患者さんとフレイル

慢性腎臓病の患者さんは、加齢による筋肉量の低下に加え、栄養不良などの要因で筋肉が減少した状態になりやすいと言われています。フレイルの兆候を早期に発見し、適切な対策をとることが大切です。

医療法人医誠会のフレイルに対する取り組み

医療法人医誠会の透析クリニックでは、透析患者さんのフレイル基準を管理しており、継続的に測定し希望される方に運動療法を実施しています。
フレイルが疑われる方には、運動のアドバイスや透析運動療法をすすめるなど、フレイル予防に努めています。

医療法人医誠会 リハビリテーション部

6か月フレイル追跡調査(新大阪医誠会クリニック

調査期間:2018年4月~9月

新大阪クリニックで実施した6か月間のフレイル追跡調査結果です。

リハビリテーション実施(23名)

改善 維持 低下
60歳代 1 8 0
70歳代 0 10 0
80歳代 0 3 1
4.30% 91.30% 4.30%

リハビリテーション非実施(14名)

改善 維持 低下
60歳代 0 6 1
70歳代 0 4 0
80歳代 0 2 1
0% 85.70% 14.20%